くらし情報『“圧巻の歌声”にヒューも涙!「This Is Me」制作秘話が明らかに『グレイテスト・ショーマン』』

“圧巻の歌声”にヒューも涙!「This Is Me」制作秘話が明らかに『グレイテスト・ショーマン』

2018年2月21日 19:30
 

Photo by cinemacafe.net

『レ・ミゼラブル』のオープニング成績を超え、2018年公開作品でNo.1の記録となる大ヒットスタートを切った『グレイテスト・ショーマン』。本作の主題歌「This Is Me」は、公開前から「予告の歌を聴くだけで泣ける」と話題になっていたが、公開されるとさらにその声は大きくなっている。そんな「This Is Me」を、先日、来日したキアラ・セトルがヒュー・ジャックマンらの前で初めて披露したときの映像が到着し、作品に負けない感動の制作秘話が明らかになった。

「『This Is Me』のシーンで、私たちも負けずに戦うんだ! と勇気付けられて、ボロボロ涙が出ました…」「『This Is Me』で涙腺崩壊してそれ以降ほとんど泣いてた笑」といった多数の声が、映画サイトへの書き込みやSNS上に寄せられている本作。

『ラ・ラ・ランド』で昨年のアカデミー賞とゴールデングローブ賞のW受賞を果たしたベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビが、ゴールデン・グローブ賞主題歌賞を受賞し、さらにアカデミー賞でも同賞にノミネートされている「This Is Me」を手掛けた。上流社会に受け入れてもらえない現実を知ったバーナム一座のエンタテイナーたちが、自分たちを奮い立たせるように歌うこの曲について、ポールが「世間から、お前には愛される価値がないと言われても、自分を愛し、自分に自信を持つことが大切だと強調するには、とても強烈な女性の声による生々しいパワーが必要だと思った」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.