くらし情報『【第90回アカデミー賞】最優秀長編アニメ映画賞はディズニー/ピクサー『リメンバー・ミー』』

【第90回アカデミー賞】最優秀長編アニメ映画賞はディズニー/ピクサー『リメンバー・ミー』

2018年3月5日 11:40
 

関連リンク

・横浜流星、“センター”は「ソワソワする」 サプライズに感激<兄友>
・矢本悠馬「奇跡起こってる」大役のプレッシャー語る<HURRY GO ROUND>
・生田斗真&瑛太、若い世代に「『友罪』観て」 次回はポップな作品希望
Photo by cinemacafe.net

第90回アカデミー賞授賞式が3月5日(日本時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催され、最優秀アニメ映画賞をディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』が受賞。

■陽気でカラフルな“死者の国”を舞台に、大冒険を繰り広げる!

『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督らスタッフが贈る、ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』。作品のバックグラウンドとなった本国メキシコでは歴代興収1位に輝き、アニメ界のアカデミー賞とされる第45回アニー賞では候補になった作品賞、監督賞、音楽賞など11部門を受賞する勢いをみせた。今回第90回アカデミー賞では、長編アニメーション賞と主題歌賞にノミネート。見事、長編アニメーション賞での受賞となった。

日本語吹き替え版では松雪泰子藤木直人渡辺直美、そして主人公を石橋陽彩くんが演じている。

『リメンバー・ミー』(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

■『リメンバー・ミー』とは?

カラフルな死者の国に迷い込んだ、ミュージシャンを夢見る少年ミゲル。唯一の頼りは、家族が恋しいガイコツのヘクター。日の出を過ぎたら永遠に家族と会えなくなる、絶体絶命のふたり──彼らと家族をつなぐ鍵は、ミゲルが大好きな名曲“リメンバー・ミー”に隠されていた…。

『リメンバー・ミー』は3月16日(金)より全国にて公開。短編『アナと雪の女王/家族の思い出』が同時上映される。

■受賞者コメント

壇上にあがった監督らは、「アカデミーに感謝します。『リメンバー・ミー』は芸術が世界を変えることを証明できるとと思います。愛を持って伝えたい、家族へ」とそれぞれに、家族への感謝、そしてスタッフへの愛を伝えた。

リー・アンクリッチは「メキシコの皆さんに感謝します。本作はあなたたちの素晴らしい文化・伝統がなければ作ることはできなかった。そして、この作品で全て子どもたちへの映画を作ろうとした。また抑圧された人たちを取り上げられる作品がつくりたかった」と本作に込めた想いを明かした。

(text:cinemacafe.net)

■関連作品:
リメンバー・ミー(2018) 2018年3月16日より全国にて公開
©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.