くらし情報『アカデミー賞『リメンバー・ミー』ほか歌曲賞ノミネート曲が披露!』

アカデミー賞『リメンバー・ミー』ほか歌曲賞ノミネート曲が披露!

2018年3月5日 18:30
 

関連リンク

・インスタグラマー・香取慎吾、稲垣吾郎に気を遣うSNS上の意識変化明かす
・橋本環奈が目薬を手に“セーラームーン”ポーズ 「お仕置きされたい」人が続出
・sads、年内いっぱいで活動休止「20年間、支持して下さったファンに感謝」
Photo by cinemacafe.net

毎年、アカデミー賞では受賞者の発表の合間に歌曲賞にノミネートされた5曲がそれぞれの歌い手によって披露される。

今年はメアリー・J・ブライジが“Mighty River”(『マッドバウンド 哀しき友情』)、スフィアン・スティーヴンスが“Mystery of Love”(『君の名前で僕を呼んで』)、ガエル・ガルシア・ベルナル、ミゲル、ナタリア・ラフォルカデが“Remember Me”(『リメンバー・ミー』)、キアラ・セトルが“This Is Me”(『グレイテスト・ショーマン』)、コモン、アンドラ・デイが“Stand Up For Something”(『マーシャル 法廷を変えた男』)を歌い、会場を沸かせた。

グラミー賞のノミネート経験を9回持つメアリー、歌手歴18年のスフィアン、音楽業界に携わって18年のミゲルなどアーティストとしての実績を持つ彼らとは違い、俳優業を中心に生きてきたガエル。パフォーマンス前から「緊張を越えた緊張」と胸中を明かし、「まさかオスカーで歌うだなんて想像もしていなかったよ」と「ETonline」に語っていたが、その結果、パフォーマンス後に「ガエルって、歌えないんだ…」という辛辣なコメントがSNSに相次いだ。一方で、「歌っている顔がすごくセクシーだったから問題ないでしょ」と擁護の声も。

5つのパフォーマンスの中でも最も盛り上がりを見せたのは、キアラの“This Is Me”だ。バックコーラスを従え、迫力と感情あふれる圧巻の歌声を聴かせたキアラは、この歌が自身の体型に関する悩み、自分に対する否定的な気持ちを打ち消してくれたと語っていた。

『グレイテスト・ショーマン』でキアラと共演したゼンデイヤは「あなたを誇りに思うわ。最高だった!」とツイッターで絶賛した。

(Hiromi Kaku)

■関連作品:
リメンバー・ミー(2018) 2018年3月16日より全国にて公開
©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
グレイテスト・ショーマン 2018年2月16日より全国にて公開
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
君の名前で僕を呼んで 2018年4月、TOHOシネマズシャンテほか全国にて公開
© Frenesy, La Cinefacture

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.