くらし情報『トム・クルーズ、本当にヘリ操縦!『ミッション:インポッシブル』メイキング公開』

トム・クルーズ、本当にヘリ操縦!『ミッション:インポッシブル』メイキング公開

2018年3月7日 12:00
 

関連リンク

・中川大志、本気の恋に目覚めるチャラモテ男に!『虹色デイズ』男気溢れるショット解禁
・千葉雄大、かわいいから大人の男へ!?「早く年を重ねたい」意外な一面も告白
・ディーン・フジオカ&森崎ウィン、“頭が真っ白”になったときは!?「行列のできる法律相談所」
Photo by cinemacafe.net

トム・クルーズが主演する大人気スパイアクションシリーズの最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。先日公開された衝撃の日本版予告編に続き、このほどさらに想像を絶するトムのスタントの裏側を描いたメイキング映像が到着した。

車やバイクなど、これまで数々のマシーンを乗りこなしてきたトムだが、本作ではヘリコプターに挑戦。トムと監督が“誰も挑戦したことのないスタント”を目指して2年の準備期間を費やし彼らが導き出した答えは、「トム・クルーズ自身がヘリコプターを操縦するアクションシーン」!

航空関係のスタント専門家からは「役者がヘリコプターの操縦に挑戦するのは不可能(インポッシブル)に近い」と言われる中、「僕がヘリのパイロットになる」と言い出したトムにキャスト・スタッフが一致団結。1日8時間×3か月乗っても初心者レベルまでしかいけないというヘリコプター操縦訓練。トムは「短期間で2,000時間の訓練をこなす」と言い放ち、見事ライセンスを取得した。

また撮影はスタントシーンがあまりにも危険すぎるため、世界で唯一撮影許可が下りたニュージーランドで実施。少しのミスが死に直結するといわれ、多くのパイロットは挑戦すらしないという高難度のアクロバット飛行“らせん落下(スパイラル)”を成功させ、操縦と演技とカメラの操作を同時にこなすという神業を成し遂げた。

普通、ヘリ・チェイスは中から撮影しないと言う製作スタッフだが、映像ではヘリコプター操縦席内外から様々なアングルで映し出されており、予告編以上に緊迫感溢れるメイキングとなっている。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日(金)より全国にて公開。

(cinemacafe.net)

■関連作品:
ミッション:インポッシブル/フォールアウト 2018年8月3日より全国にて公開
© 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.