くらし情報『「本屋大賞2017」ノミネート作が有村架純主演で実写化! 『コーヒーが冷めないうちに』』

「本屋大賞2017」ノミネート作が有村架純主演で実写化! 『コーヒーが冷めないうちに』

2018年3月9日 05:00
 

Photo by cinemacafe.net

「本屋大賞2017」にノミネートされた川口俊和の小説「コーヒーが冷めないうちに」が、有村架純主演で映画化されることが決定!さらに、波瑠、林遣都吉田羊石田ゆり子らの出演も明らかとなった。

原作は、SNS上で「4回泣ける!」と話題の脚本家・演出家として活躍する川口氏の感涙小説。川口氏自身が主催する劇団で舞台化され、その後演劇界で話題になり第10回杉並演劇祭大賞を受賞し、2015年に小説化された。古き良き昭和の時代から続く喫茶店を舞台に、そこに集う人々が巡り合う奇跡を描き、昨年刊行された続刊「この嘘がばれないうちに」を含めシリーズ累計発行部数は84万部を突破している。

■“過去に戻れる喫茶店”で起こる4つの心温まる奇跡――

時田数(有村架純)が働く喫茶「フニクリフニクラ」。そこには奇妙な都市伝説がある。それは店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるというもの。ただし、そこには、とても面倒くさいルールもあるらしい。

1、過去に戻って、どんな事をしても、現実(未来)は変わらない。
2、過去に戻れる席には先客がいる。その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。
3、過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.