くらし情報『スタジオポノック、新作はジブリ出身監督が手掛ける短編3作!声優にオダギリジョー』

スタジオポノック、新作はジブリ出身監督が手掛ける短編3作!声優にオダギリジョー

2018年3月27日 15:46
 

Photo by cinemacafe.net

『メアリと魔女の花』で知られる「スタジオポノック新作プロジェクト発表会」が3月27日(火)、都内にて行われ、新作のタイトル『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が発表された。

スタジオジブリ出身の監督が集結

本作は新プロジェクト「ポノック短編劇場」が贈る第一弾で、米林宏昌をはじめとするスタジオジブリ出身の3人の監督が手掛けた3作品の短編アニメーションから成る。『メアリと魔女の花』の米林監督の『カニーニとカニーノ』、巨匠・高畑勲監督の右腕として活躍した百瀬義行監督の『サムライエッグ』、そして宮崎駿監督作品の中心を担ったアニメーター山下明彦監督による『透明人間』の短編3作が結集した。

「ちいさな英雄」をテーマにしたアニメーションとなるが、それぞれジャンルはバラバラ。『カニーニとカニーノ』は米林監督が自身初となるオリジナルストーリーに挑戦したカニの兄弟のファンタジー、母と少年の愛と感動の人間ドラマを描いた『サムライエッグ』、見えない男の孤独な闘いという奇想天外なストーリーが目を引く『透明人間』と、バラエティに富んでいる。

■プロデューサー西村義明「短編は次なるステップ」

スタジオポノック代表取締役/プロデューサーの西村義明は、「今後、僕らの挑戦の場としてレーベルを立ち上げました。高畑勲監督、宮崎駿監督は新しいものを先駆として、アニメーションの豊かさを信じてやってきた。彼らが作った土台にどっぷり胡坐をかいて作るのかと思うと、自分たちが次なるステップを作っていかないといけない。短編アニメーションはそれができる場だと思った」と意気込む。配給元となる東宝株式会社常務取締役の市川南も、「西村さんから提案を受けて、ふたつ返事で受けました。三者三様、冒険ファンタジー、リアルな人間ドラマ、アクションものとできています」と出来栄えに胸を張った。

今後の事業展開では長編も作り続けるという西村さんは「漠然と、長編アニメーションは2年に1本作るのがやっとでベスト。その合間に短編アニメーションを作れたらと思います」とした。今回はスタジオジブリスタッフの抜擢となったが、今後の短編アニメーションについては「実写監督かもしれないし、海外の人かもしれないし、畑違いの方々、漫画家や絵本作家が作るかもしれない。アニメーション映画の可能性を狭めても仕方ないので、“次、ポノックには何が起こるんだろう”と期待を持ってもらえるレーベルになってもらえたらうれしいです」と期待を込めていた。

なお、『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』の声優にはオダギリジョー尾野真千子田中泯が決定している。

『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』は8月24日(金)より全国公開。

(cinamacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.