くらし情報『【インタビュー】脚本家・徳尾浩司が「おっさんずラブ」ロスに捧ぐ――最終回「書くのを悩んだ」セリフとは?<後編>』

2018年6月3日 12:15

【インタビュー】脚本家・徳尾浩司が「おっさんずラブ」ロスに捧ぐ――最終回「書くのを悩んだ」セリフとは?<後編>

Photo by cinemacafe.net

笑いと涙、感動で幕を下ろした土曜ナイトドラマ「おっさんずラブ」。田中圭吉田鋼太郎林遣都が演じた、いい年をした男性同士が、とにかくピュアな恋愛模様を繰り広げた本ドラマは、Twitterの世界トレンド1位に「#おっさんずラブ」がランクインするほど、2018年春ドラマの台風の目となった。最終回を迎え、「明日から何を楽しみに日常を送ればいいのか…」と愕然としているOL(おっさんずラブ)ロスの方々に、脚本家・徳尾浩司からのメッセージを届けたい。本インタビューでは、最終回で「書くのを悩んだ」という台詞について、「おっさん」について、まさか?よもや?どうなる?気になる続編についての想い等々を明かしてもらった。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
――最終回が終わってしまいました。執筆の上の秘話などありましたら、是非教えてください。

実は、1か所だけ悩んだ台詞がありました。春田が牧に「結婚してください」と言うところです。元々、全7話で完結させるつもりでやっていて、「続きは○○(動画配信サービス)で」とかではなく、きちんと皆がある形を見つけて終わることはしようとしていたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.