くらし情報『岡田准一、初の“殺し屋”に!相棒は木村文乃「ザ・ファブル」実写映画化』

2018年6月23日 05:00

岡田准一、初の“殺し屋”に!相棒は木村文乃「ザ・ファブル」実写映画化

Photo by cinemacafe.net

「週刊ヤングマガジン」にて連載中の南勝久による「ザ・ファブル」が、「V6岡田准一主演で映画化されることが決定。岡田さんは初の“殺し屋役”に挑むほか、共演に木村文乃福士蒼汰柳楽優弥佐藤浩市ら豪華俳優陣が顔を揃えることも分かった。

■いま一番面白い作品が映画化!

「天才殺し屋」として恐れられる通称“ファブル”(岡田さん)は、超人的な戦闘能力を持ち、狙った標的を必ず倒す伝説の男。だが、育ての親のボス(佐藤浩市)から与えられた次なるミッションは、「1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活すること」だった。もしも誰かを殺したら、ボスにより処分されてしまう。こうしてボスの口利きで真黒カンパニーが世話役となり、ファブルは「佐藤アキラ」という偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹という設定で大阪で普通の生活を始めることに。

そんなある日、普通の生活を始めたアキラは暴漢に襲われ、そこに通りかかり介抱してくれた女性・ミサキ(山本美月)と知り合い、同じ会社で時給800円でバイトをさせてもらうことに。だが、ミサキは親の借金のために背負った隠したい過去を持っていた。その秘密を知った真黒カンパニーの小島(柳楽優弥

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.