くらし情報『綾瀬はるかの“腹芸”にネット驚愕!「強い母が見れそう」期待の声も』

綾瀬はるかの“腹芸”にネット驚愕!「強い母が見れそう」期待の声も

2018年7月11日 00:25
 

Photo by cinemacafe.net

綾瀬はるか主演、竹野内豊佐藤健らが共演、桜沢鈴による義母と娘の愛と成長を描いた名作4コマ漫画をドラマ化するTBS火曜ドラマ「義母と娘のブルース」の第1話が7月10日から放送開始。綾瀬さん演じる主人公がみせた“腹芸”に驚きの声も上がっている。

昨年秋に放送された「奥様は、取り扱い注意」では元特殊工作員の新妻を演じた綾瀬さんが今回演じるのは、何事も“仕事の基準”で解決しようとするバリバリのキャリアウーマン・岩木亜希子。物語は世界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める亜希子が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚。母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描く。

亜希子と再婚しようとする宮本良一を竹野内さんが演じる。良一は数年前に妻と死別、娘・みゆきとともに生きてきた。そして1話でバイク便の配達員として登場するのが、佐藤さん演じる麦田章。章は亜希子ら家族たちの人生に大きな波乱を巻き起こすという。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
1話では2009年、みゆきの元に突然亜希子が現れ唐突に名刺を差し出す場面からスタート。母想いのみゆきは亜希子が新たな母親になることに抵抗するが、亜希子は様々な手段を駆使してみゆきの心を開いていこうとする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.