くらし情報『波瑠、子どもたちのチャレンジに感動…「はじめてのおつかい」SP』

2018年7月16日 11:00

波瑠、子どもたちのチャレンジに感動…「はじめてのおつかい」SP

Photo by cinemacafe.net

子どもたちの笑顔と涙がたっぷり詰まった大冒険が視聴者を感動の渦に巻き込む長寿番組「はじめてのおつかい」が、「はじめてのおつかい 爆笑!!夏の大冒険スペシャル番組初!四つ子がおつかいに!」として7月16日(月)放送となる。

番組MCを務めるのは所ジョージ森口博子。ゲストには女優の波瑠をはじめ松本伊代、千鳥、指原莉乃澤部佑らを迎える。

何年もの厳しい修行を経て3年前、お店をオープンさせた和食割烹のお店“みつき庵”職人のお父さんが、息子の藍生(あお)くん(2歳10か月)をおつかいに。醤油で汚れてしまった白衣をクリーニングに出し、預けていた白衣を受け取りに行くため、お母さんがお父さんとおそろいの帽子を紙で作って藍生くんにかぶせてあげる。

洗濯屋さんまでは片道約60メートルで家からも見える距離だが、お父さんがおつかいに出そうとすると藍生くんは「行けない! いやだ! ちがう! ちがう!」と抵抗。するとお母さんが登場して「白衣がなくてパパがお寿司屋さん辞めてもいいの?」。この言葉で決意した藍生くんの“はじめてのおつかい”に感動必至。

歴史的な美しい町並みが残る九州の豆田町で、お父さんがおそば屋さん、お母さんはカフェを経営する家庭に生まれた三姉妹の末っ子・心路(みろ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.