くらし情報『“肉まん”と母の感動物語…『インクレディブル・ファミリー』同時上映『Bao』』

“肉まん”と母の感動物語…『インクレディブル・ファミリー』同時上映『Bao』

2018年7月20日 19:15
 

Photo by cinemacafe.net

『Mr.インクレディブル』の最新作で、ディズニー/ピクサー長編アニメーション第20作目となる『インクレディブル・ファミリー』が、この夏、日本でも公開。この度、本作と同時上映される“肉まん”を主人公にした短編アニメーション『Bao』の映像が公開された。

スーパーパワーを持ったヒーロー家族の物語を描く『インクレディブル・ファミリー』と同時上映される『Bao』は、ディズニー/ピクサー作品では初となる“食べ物”を主人公にした作品。ホカホカのせいろの中で生まれた肉まんの赤ちゃんと、人間の優しいお母さんとの心温まる物語が描かれている。

本作は、中国生まれ、カナダ・トロント育ちのドミー・シーが、自身の母親との関係を基に手掛けたアニメーション作品。ディズニー/ピクサー作品初の女性監督であり、初のアジア人監督が誕生した記念すべき作品でもある。

元々、ディズニー/ピクサー作品としてではなく、シー監督自らの創作活動としてスタートした本作。シー監督は「私は食べ物にまつわる昔話も好きです。例えばキュートでちょっと奇妙なジンジャーブレッドマン(ヒト型のクッキーまたはビスケット)。その中国版をやってみたいと思ったのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.