くらし情報『『食べる女』原作者&RIKACO“恋愛観”で意気投合「幸せだけじゃつまらない」』

2018年9月11日 19:05

『食べる女』原作者&RIKACO“恋愛観”で意気投合「幸せだけじゃつまらない」

Photo by cinemacafe.net

小泉今日子沢尻エリカ前田敦子広瀬アリス山田優壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と豪華女優陣が出演する映画『食べる女』の公開直前イベントが行われ、原作者・筒井ともみ、主題歌を担当したLeola、そしてRIKACOが登壇。本作のテーマのひとつである“食”についてなど、様々なトークが繰り広げられた。

都内のジャズバー「No Bird」にて行われた今回のイベント。開始前には、来場者へ食事やドリンクが振舞われ、タイトル通り“食べる”ことからスタート。そして、Leolaさんが主題歌「Kissing」を披露すると、会場中がその歌声に釘付けに。

■“食”について――「一食でも不味いものは食べたくない」

本作のテーマでもある“食”に造詣が深く、“自分らしく生きる女性”の代表として登場したRIKACOさんは、「淡々と日常を描いているんですが、どこか昭和の匂いもあって、懐かしさも感じられる映画で、自然とふと涙が出てくる映画です」と本作の感想を述べ、また「色んな年齢のキャストの方がでているので、幅広い方の心に刺さると思います」とコメント。

本編には、キーアイテムとなる卵かけごはんをはじめ、美味しそうな料理が登場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.