くらし情報『登坂広臣は「役者として力がある」 主演作『雪の華』橋本光二郎監督が絶賛』

2019年1月10日 11:40

登坂広臣は「役者として力がある」 主演作『雪の華』橋本光二郎監督が絶賛

Photo by cinemacafe.net

中島美嘉が歌う“冬の定番”ヒット曲をモチーフにしたラブストーリー『雪の華』の特別試写会が1月9日(水)、都内で行われ、メガホンをとった橋本光二郎監督、プロデューサーを務めた渡井敏久氏が出席した。

■意外?脚本にはコミカルな一面も

余命1年を宣告された平井美雪(中条あやみ)が、ひったくり被害から助けてくれた青年・綿引悠輔(登坂広臣)に「100万円を支払うことと引き換えに、1か月限定の恋人になってほしい」と持ちかける。美雪には両親が出会ったフィンランドでオーロラを見ること、そして人生で初めての恋をするという二つの夢があった…。本編の約半分が、フィンランドで撮影された。

『いま、会いにゆきます』『8年越しの花嫁奇跡の実話』の岡田惠和が手がけた脚本について、橋本監督は「切ないイメージが強い楽曲なので、前半の明るくコミカルな部分と(楽曲を)どうつなげるか、そこのバランスが難しかった」とふり返り、「中条さん演じる美雪が一生懸命に恋する健気な姿は、恋を経験した人ならば、共感してもらえるはず。ただ暗く描いてしまうと、(登場人物と)お客さんとの距離も離れてしまいますし」と語った。

■「登坂くんの提案がうれしかった」


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.