くらし情報『親を亡くした子どもたちがバンドを結成!『ウィーアーリトルゾンビーズ』予告』

2019年3月28日 08:00

親を亡くした子どもたちがバンドを結成!『ウィーアーリトルゾンビーズ』予告

Photo by cinemacafe.net

本年度のサンダンス映画祭で上映され、日本映画初となる審査員特別賞オリジナリティ賞を受賞したほか、世界中の映画祭を席巻中の『ウィーアーリトルゾンビーズ』から、予告編が到着した。

両親が死んだ。悲しいはずなのに泣けなかった。彼らはゴミ捨て場でとびきりのバンドを組むと決めた。こころをとりもどすために――。本作は、まるでゾンビのように感情を失った少年少女たちが、音楽バンド“LITTLE ZOMBIES”を結成し、やがて予想もしない運命に翻弄されていく物語を描く。

今回到着した予告編は、冒険RPGを想起させるかのような映像表現がされ、本作の独創的な世界観を覗くことができる。

主人公ヒカリ(二宮慶多)が、「先週、僕の両親がバス事故で死にました」と言い映像がスタート。同じく両親を亡くしたイシ(水野哲志)、タケムラ(奥村門土)、イクコ(中島セナ)と偶然出会い、バンド「リトルゾンビーズ」を結成、演奏シーンも映し出される。

そんな衝撃的な背景を持つバンドに、池松壮亮ら取り巻きの大人たちが熱狂していく様や、一方でその様子にどこか冷めた視線を向ける子どもたちの姿も確認することができる。海外映画祭からのオファーが後を絶たず、世界から熱視線を浴びる本作の公開がさらに待ち遠しくなる映像だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.