くらし情報『香川照之演じる真山の“優しさ”に「泣きました」…感動の声続出「集団左遷!!」第3話』

2019年5月5日 22:51

香川照之演じる真山の“優しさ”に「泣きました」…感動の声続出「集団左遷!!」第3話

Photo by cinemacafe.net

福山雅治が50歳を目前に廃店が決まっている銀行支店の支店長となった主人公を演じる日曜劇場「集団左遷!!」の第3話が5月5日放送。今回は香川照之演じる副支店長・真山に“スパイ疑惑”がかかる…という展開。真山の“真の姿”に感動する視聴者が続出している。

福山さん演じる片岡洋は、50歳を目前にして支店長への昇任人事を受けたが赴任先は廃店候補。上層部から何もするなと言われるも、銀行員魂に火が付きリストラ候補の支店社員たちと共に立ち上がる…という展開の本作。

片岡と対立する蒲田支店の副支店長・真山徹香川照之が、蒲田支店の社員役で神木隆之介井之脇海中村アン高橋和也らが、リストラ計画を立案した本店の常務・横山輝生役で三上博史が出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
横山常務が蒲田支店に突然現れ「大いに期待しています」と言って去っていく。帰り際の横山と真山の様子を見た滝川(神木さん)は真山がスパイなのではないかと疑う。そんななか大口の顧客で真山の担当である「田口るみビューティーサロン」が30億円もの融資の相談のため訪れて来る。

決まれば廃店回避へと大きく前進するとあって色めき立つ片岡だったが、本部では廃店候補の支店の大口顧客を本部に移管させる計画が始動。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.