くらし情報『ウィル・スミス出演SF大作『インデペンデンス・デイ・エクステンデッド版』地上波初放送』

2019年5月25日 10:15

ウィル・スミス出演SF大作『インデペンデンス・デイ・エクステンデッド版』地上波初放送

Photo by cinemacafe.net

5月25日(土)今夜のフジテレビ系「土曜プレミアム」枠では、日本を含む世界で大ヒットを記録、平成を代表するSF映画の金字塔に劇場未公開シーンを追加した『インデペンデンス・デイ・エクステンデッド版』を本編ノーカットで地上波初放送する。

タイトルの“インデペンデンス・デイ”とはアメリカ独立記念日のこと。物語はアメリカ独立記念日を控えた7月2日から始まる。巨大な影が月を覆い宇宙センターの衛星アンテナが奇妙な音をキャッチ、巨大な異星人の宇宙船が地球に近づいてくる。その情報をホワイトハウスのホイットモア大統領は大統領補佐官コンスタンス、国防総省参謀本部長グレイ将軍と共に知る。その頃大統領夫人マリリン(メアリー・マクドネル)はロサンゼルスにいた。その後、異星人の宇宙船は突然人類を猛撃。人類側の必死の防戦はほぼ無力で世界中の大都市が壊滅状態となる。

翌7月3日、宇宙船からの攻撃でワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルスなどをはじめ世界の各都市は廃墟と化していた、地球滅亡の危機に米大統領は人類の存亡をかけて宇宙船への核攻撃を決行するも失敗に終わってしまう。

そして7月4日のインデペンデンス・デイ(独立記念日)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.