くらし情報『バカリズムがOL演じる「架空OL日記」が映画化! 2020年公開へ』

2019年6月7日 17:00

バカリズムがOL演じる「架空OL日記」が映画化! 2020年公開へ

Photo by cinemacafe.net

バカリズムが原作・脚本・主演を務めた連続ドラマ「架空OL日記」が、再びバカリズムさん脚本・主演で、2020年に映画化決定。監督はドラマ版も手掛けた住田崇が務める。

原作は、バカリズムさんが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログの書籍化「架空OL日記」。

2017年には連続ドラマ化され、銀行を舞台にOLたちの日常生活を描いた本作は、多くの女性の支持を獲得。優秀番組・個人・団体を顕彰する賞「第55回ギャラクシー賞」にてバカリズムさんは特別賞を受賞、優れた脚本家に贈られる「第36回向田邦子賞」も受賞した。

そんな大きな話題となったドラマ放送から約2年。今回の映画化決定にバカリズムさんは「そのうちやれるとは思っていましたが、率直な気持ちとしては、嬉しいです」と喜ぶ。

また、詳しいストーリーなどはまだ明かされていない本作だが、「ドラマ版と一緒で、これといった事件は起きないのですが、見る人が心地好く、ずっと見ていられる作品だと思います」と説明し、映画化するにあたり、脚本上で気をつけた点については「特には、無いですね。逆に、映画だからといって変えることないようにしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.