くらし情報『長澤まさみ、父・蔵之介の熱い視線に困惑? 「眼差しが強すぎて…」』

2009年6月27日 20:34

長澤まさみ、父・蔵之介の熱い視線に困惑? 「眼差しが強すぎて…」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

美しい自然に恵まれた沖縄の離島、渡名喜島を撮影地に、最愛の人を亡くした悲しみを乗り越えて生きる少女、そして父親との絆を描いた感動作『群青愛に沈んだ海の色』。6月27日(土)、本作が公開初日を迎え、主演の長澤まさみ、佐々木蔵之介、良知真次、田中美里、そしてメガホンを取った中川陽介監督が初回上映後の舞台挨拶を行った。

会場は満席で立ち見が出るほどの盛況ぶり。ファンの声援を浴びて登場した長澤さんは、「こんなに会場が人で埋め尽くされるのを見て、みんなで渡名喜島で暑い中一生懸命撮影をした甲斐があったと思いました」と晴れやかな笑顔を見せた。本作で佐々木さんと親子を演じたが、「蔵之介さんの眼差しがすごく強くて、見られてることが多々あったんですけど(笑)」と明かすと、言ってるそばから隣から熱い視線が長澤さんに…。長澤さんは照れ笑いぎみに「そこから父親の威厳や強さを感じて、本当に頼りがいのある父親でした」と語った。逆に佐々木さんはというと、長澤さんの美貌を「太陽光線がすごく差している中で、なんでこんなに爽やかで涼しげに出てくるんだろうと、めちゃくちゃ綺麗やなーと思って、カルピス(長澤さんCM出演中)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.