くらし情報『増田貴久に“癒し”を感じる視聴者が続出…「ボイス 110緊急指令室」第3話』

2019年7月27日 23:58

増田貴久に“癒し”を感じる視聴者が続出…「ボイス 110緊急指令室」第3話

Photo by cinemacafe.net

唐沢寿明真木よう子、「NEWS増田貴久らの出演で通報からの10分間が生死を分けるタイムリミットサスペンスを描く「ボイス 110緊急指令室」の第3話が7月27日放送。緊張感あふれる展開のなかで増田さんの演技に癒されている視聴者からの声がネットに上がっている。

唐沢さんが妻・未希を殺され復讐に燃える敏腕刑事・樋口彰吾役で主演。真木さんが超人的な聴力を持つボイスプロファイラー・橘ひかりを、増田さんが樋口を「兄貴」と呼び慕うECU捜査員の石川透をそれぞれ演じる。また木村祐一小市慢太郎らがECUと対立する警察側の人間として、安井順平田村健太郎石橋菜津美らがECUのメンバーとして出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

未希が殺された日、ひかりの父も同じ犯人に殺されていたことを告白された樋口。そこに樋口が逮捕した未希殺害の被疑者・相良(平原テツ)が自殺したという連絡が入る。さらにECUにスカウトしていた森下栞(石橋さん)の妹・葵(矢作穂香)が拉致される。葵の電話の音を手掛かりにひかりは樋口に指示、逃走車両を追い詰めるが犯人から発砲され取り逃がす。

一方、ECUをよく思わない強行犯係の沖原(木村さん)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.