くらし情報『自ら棺桶購入!? ユーモア溢れる“お葬式計画”とは『私のちいさなお葬式』予告』

2019年9月11日 14:00

自ら棺桶購入!? ユーモア溢れる“お葬式計画”とは『私のちいさなお葬式』予告

Photo by cinemacafe.net

本国ロシアでは第39回モスクワ国際映画祭にて観客賞を受賞した、余命宣告をきっかけにひとりで秘密の“お葬式計画”を開始するおばあちゃんを描く映画『私のちいさなお葬式』から、日本版予告編が到着した。

今回到着したのは、老婦人が心不全の恐れがあり、いつ心臓が止まってもおかしくないと宣告されるシーンからスタートする予告編。突然の余命宣告を受けた彼女が始めたのは、なんと自分のお葬式の支度!

費用や役所の手続き…次々に準備をする姿が描き出されるが、その姿には全く悲壮感がない。生きているのに死亡診断証明を取得したり、棺桶選びをしたり、ユーモアとバイタリティに満ち溢れている。

さらに、5年も会っていない息子に迷惑をかけまいと、友人の手も借りて着々と準備を進める老婦人。ロシアらしくウォッカを飲んで酔いつぶれ、横たわる母を見た息子は死んだものだと勘違いし涙する場面も。

また、予告編でも使われている劇中歌は「ザ・ピーナッツ」のロシア版「恋のバカンス」。ロシアでは知らない人はいないほど、いまも広く愛されている国民的な曲だ。テーマが“死”であるにもかかわらず、どこかほっこりする映像に仕上がっている。

『私のちいさなお葬式』は12月、シネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開予定。

(cinemacafe.net)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.