くらし情報『松岡茉優の彼氏役に中林大樹、“20年後のワカメ”「その説得力に驚き」』

2019年10月15日 12:00

松岡茉優の彼氏役に中林大樹、“20年後のワカメ”「その説得力に驚き」

Photo by cinemacafe.net

“日本一有名な家族”サザエさん一家の20年後をオリジナルストーリーで描くスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」にて、ワカメの恋人でドラマオリジナルのキャラクターとなる貝塚タケシを「ストロベリーナイト・サーガ」の中林大樹が演じることになった。

今年10月にアニメ放送50周年を迎え、いつの時代も日曜の日本を笑顔にし続けてきた磯野家。本作では、アニメの世界から20年が経った磯野家が描かれる。松岡茉優演じるワカメ(29歳)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる、という設定。

そんなワカメにも恋人がおり、その“自慢の彼氏”貝塚タケシ役(32歳)を演じるのが中林大樹。貝塚は、ワカメよりも3つ年上の敏腕営業マンで、ワカメが勤めるアパレル会社と取引があり、仕事で訪れた際にワカメと出会い、貝塚が一目ぼれ。貝塚の真面目で誠実な人柄に、ワカメも貝塚に好意を抱くようになり、交際がスタート。

性格のみならず、スラッとした長身でスーツを着こなす貝塚はワカメの自慢の恋人で、デートの時はワカメのおしゃれ心にもいっそう気合が入る。また、“いつか、たくさんの人に愛される服を自分がデザインする”というワカメの夢を心から応援している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.