くらし情報『マッツ・ミケルセン、映画初出演の共演女優を勇気づける微笑み』

2019年11月5日 19:00

マッツ・ミケルセン、映画初出演の共演女優を勇気づける微笑み

Photo by cinemacafe.net

マッツ・ミケルセンが北極で窮地に立たされる男を演じるサバイバル・ドラマ『残された者-北の極地-』から、彼の優しさ溢れる撮影時のエピソードが明らかになった。

平均気温マイナス30度、刻々と変わりゆく過酷な天候の中で撮影された本作。主演マッツのただ1人の共演者であり、彼が演じるオボァガードに生きる希望を芽生えさせる女性を演じた、本作が映画初出演となったマリア・テルマ・サルマドッティが撮影時の心温まるエピソードを語る。

「私たちはあるシーンを撮り直さないといけなくて。そのシーンには私たち2人がいたけど、撮り直しでは、ただ彼の顔のクローズアップだけが必要だったの。その時彼は、私に手伝ってくれないかってお願いしてきた。私はそのシーンには映らないんだけどね。私はそれってとても敬意を払ってくれている」と、彼の気遣いに感銘を受けたマリア。

さらにマッツは、「これは多分僕が今まで出演した映画の中で一番困難な作品だと思う」と話しかけてきたそうで、マリアが「これ私の最初の映画なんだけど」と伝えると、「いいね。このプロジェクトの後にはきっとタフになってるよ」と微笑みかけたという。

「ほんとうにその通りだった!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.