くらし情報『グザヴィエ・ドランの“憧れのスター”はディカプリオ『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』』

2019年12月13日 19:00

グザヴィエ・ドランの“憧れのスター”はディカプリオ『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

Photo by cinemacafe.net

映画界の若き天才グザヴィエ・ドランが、ハリウッドの豪華キャストとタッグを組んだ初めての英語作品『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』。本作は、当時8歳のドラン少年が『タイタニック』で世界的にブレイクしていた“憧れのスター”、レオナルド・ディカプリオに宛てた手紙から誕生した物語であることが分かった。

本作を執筆するのに、初稿から完成稿まで5年の時間をかけたドラン。その間に、ドランは『トム・アット・ザ・ファーム』『Mommy/マミー』『たかが世界の終わり』と、世界的評価を得た3作品を世に送り出した。そして満を持して挑んだ本作について、彼は「本作では2組の“母と息子”を描きました。母と息子、それは僕がこれまで描いてきたテーマの一つですが、集大成だと思っています」と語る。

物語は、あるTVスターとひとりの少年の“秘密の文通”を描く。やがて、謎の死を遂げるスター。そして10年後に、2人の間でやりとりされていた“秘密の文通”により、スターの謎の死の真相が明らかになっていく。

その内容についてドランは、「この映画には、僕の経験や見聞きしたことがたくさん詰まっています。8歳の頃、僕は『タイタニック』に出ていたレオナルド・ディカプリオに夢中でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.