くらし情報『永野芽郁、坂口健太郎に撮影中の悪夢を報告「日課でした」『仮面病棟』』

2020年1月17日 16:40

永野芽郁、坂口健太郎に撮影中の悪夢を報告「日課でした」『仮面病棟』

Photo by cinemacafe.net

映画『仮面病棟』の公開記念スペシャルイベントが昨日1月16日(木)に実施され、主演の坂口健太郎とヒロインの永野芽郁、原作者の知念実希人らが登壇した。

本作は、原作者の知念氏が脚本も担当している。まず脚本を読んだとき印象について、主人公の医師・速水秀悟役の坂口さんは「本当に面白くてあっという間でした」と明かしつつも、「ただ、これを生身の人間が表現するとなると、どこまでできるか大変だろうなとも思いましたけど、永野さんとご一緒できるというのもあってすごく楽しみになりました」とコメント。

一方、ヒロイン・川崎瞳役の永野さんは「原作とは違うシーンもあるんですが、その違いも含めて原作も映画もどちらも面白い」と明かし、今回が自身初のミステリー映画出演となったそうで、「いままでミステリーにふれる機会ってなかったんですけど、ミステリーって面白いな!って思いました」と語った。

また、坂口さんは本作が初の映画単独主演。「実際いままでとやっていることはあまり変わらないのですけど・・・」と謙遜すると、すかさず「すごい素敵でした!いっつもおだやかで、作品の内容的にはちょっとピリつくところとかも多いだろうなと思っていたんですけど、坂口さんがおだやかで『みんなで作品を作ろう!』という感じでいらしてくださったので、すごく楽しかったです!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.