くらし情報『クリステン&エラのキレッキレダンスシーン到着『チャーリーズ・エンジェル』』

2020年2月21日 14:00

クリステン&エラのキレッキレダンスシーン到着『チャーリーズ・エンジェル』

Photo by cinemacafe.net

ナオミ・スコット、クリステン・スチュワート、エラ・バリンスカが新世代のエンジェルを演じる『チャーリーズ・エンジェル』。本日2月21日(金)の日本公開に向け、クリステンとエラの息の合ったダンスシーンの本編映像が解禁された。

『アラジン』のジャスミン役で大ブレイク中のナオミ・スコット、「シャネル(CHANEL)」のミューズであり、近年様々な作品で活躍するクリステン・スチュワート、そして「カルティエ(Cartier)」のアンバサダーであり、抜群のスタイルを誇る新鋭女優エラ・バリンスカ、さらに監督・脚本・製作・出演にはエリザベス・バンクスという顔ぶれが揃った本作。

今回解禁されたのは、エンジェルたちの“バッド・ガール”ぶりが映えるダンスシーン。敵陣のパーティに忍び込むサビーナ(クリステン)とジェーン(エラ)。数多くの警備員やボディガードたちもいる中、2人はパーティの客に扮し、派手なメイクとスパンコール付きのボディコンシャスなドレスで登場。

人がひしめくパーティ会場で大音量で流れるのは、ディスコの女王ドナ・サマーの大ヒット曲「バッド・ガール」。軽快なサウンドにのり、客たちの中心となってキレッキレのダンスを踊るサビーナとジェーン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.