くらし情報『ムロツヨシの“手術痕”と“優しさ”に「何かありそう」の声…「病室で念仏を唱えないでください」6話』

2020年2月22日 09:00

ムロツヨシの“手術痕”と“優しさ”に「何かありそう」の声…「病室で念仏を唱えないでください」6話

Photo by cinemacafe.net

伊藤英明主演「病室で念仏を唱えないでください」の6話が2月21日放送。ムロツヨシ演じる濱田達哉が見せた胸の“手術痕”と、変化球な“優しさ”に視聴者から「何かありそう」「好きになっていってしまう」などの声が上がっている。

本作は僧侶でありながら救命救急医でもある主人公・松本照円を伊藤さんが演じる医療ヒューマンドラマ。伊藤さんのほか松本の同僚の救命救急医・三宅涼子に中谷さん。松本に敵意を抱く有名心臓外科医の濱田達哉にムロさん。濱田の下で心臓外科医をしていたが松本に誘われ救命医となる児島眞白に松本穂香。

救命で研修医をしている田中玲一に片寄涼太。救命救急センター長の玉井潤一郎に萩原聖人。整形外科医の藍田一平に堀内健。理事長の澁沢和歌子に余貴美子といった俳優陣が出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
松本を幼い頃から支えてきた憲次(泉谷しげる)に肺腺癌が見つかる。延命治療を拒む憲次に治療を受けるべきだと薦める松本だが、憲次に医者としてではなく僧侶としての答えを問われ思い悩む。

あおば台救命救急センターに倒壊事故で意識不明の30代の男性と60代の男性と、ボウリング場でケガをしたという40代の男性が搬送されてくる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.