くらし情報『「エモすぎる」絶賛続出『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』から未公開スキャンダル発覚シーン』

2020年3月18日 20:00

「エモすぎる」絶賛続出『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』から未公開スキャンダル発覚シーン

Photo by cinemacafe.net

「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントンに、天才子役ジェイコブ・トレンブレイ、ナタリー・ポートマンらが出演するグザヴィエ・ドラン監督の最新作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』。この度、本編から惜しくもカットされてしまった、人気スターのジョンが自身のスキャンダルを目の当たりする未公開シーンが解禁された。

ついに日本公開を迎えると、劇場には初めてドラン作品を鑑賞する若者や、映画ファンなど幅広い層が来場、「ラストシーンが最高で泣ける」「ラストの美しさに涙がボロボロ」「あのオマージュカットはずるい!」「ドランの選曲がエモすぎて、泣ける」といった絶賛の声が続々と上がっている。

そんな中、今回解禁された映像は、当初4時間あった本編を短くするため惜しくもカットされてしまったシーンで、劇場版本編では見ることができない貴重なシーン。

人気俳優のジョン・F・ドノヴァン(キット・ハリントン)がジョギング中に、街の売店で自らのスキャンダルを報じるゴシップ誌を手に取り、激しく動揺。唇を震わせる緊迫のシーンとなっている。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のジョン・スノウ役で一躍有名になった、ジョン・F・ドノヴァン役のキットは、「僕はドノヴァンという役を演じるにあたり他の誰かを参考にしたりはしなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.