くらし情報『本木雅弘にカメラが密着、大河の舞台裏にも迫る「プロフェッショナル 仕事の流儀」』

2020年3月28日 11:00

本木雅弘にカメラが密着、大河の舞台裏にも迫る「プロフェッショナル 仕事の流儀」

Photo by cinemacafe.net

NHK総合で放送されている「プロフェッショナル 仕事の流儀」の3月28日(土)放送回は「本木雅弘スペシャル」をお届け。現在放送中の大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」に斎藤道三役で出演中の本木さんに半年にわたりカメラが密着した。

1981年に「2年B組仙八先生」で俳優デビュー、その後「シブがき隊」メンバーとして88年までトップアイドルとして活動。解散後は俳優、ソロアーティストへと転身を図り、坊主姿を披露した『ファンシイダンス』が話題となると、『シコふんじゃった。』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。その後も『ラストソング』『双生児』などが高評価を受け、2009年、自らの企画で製作され主演を務めた映画『おくりびと』が米国アカデミー賞外国語映画賞を受賞。本木さん自身も国内の映画賞を総なめにするなど、日本を代表する俳優となった。

そんな本木さんに初めてカメラが密着。1998年放送の「徳川慶喜」以来の出演となる大河ドラマ「麒麟がくる」の舞台裏はもちろん、自宅もテレビ初公開。実に半年にわたる取材から本木さんの知られざる素顔に迫っていく。

大河ドラマ「麒麟がくる」は大河初の明智光秀をメインにした作品となり、若き明智光秀、織田信長、斎藤道三、今川義元、豊臣秀吉や徳川家康ら戦国武将たちの天下取りを描くもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.