くらし情報『佐野勇斗&飯豊まりえ「僕だけが17歳の世界で」最終回、最高視聴者数獲得!続編希望の声も』

2020年4月3日 18:15

佐野勇斗&飯豊まりえ「僕だけが17歳の世界で」最終回、最高視聴者数獲得!続編希望の声も

Photo by cinemacafe.net

佐野勇斗と飯豊まりえがW主演するドラマ「僕だけが17歳の世界で」の最終話が4月2日、昨夜放送され、本作最高視聴者数を記録、Twitterトレンドにランクインと、大きな盛り上がりをみせた。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

何も言わずに去ってしまった航太(佐野さん)。最終話では、あるとき伊織(結木滉星)と入った店の窓から航太の姿を見つけた芽衣(飯豊さん)は必死に追いかけるが、「あれは航太じゃない」と伊織に引きとめられ、その場に泣き崩れてしまう。

大切な人を再び失い、悲しみに暮れる芽衣の姿に、視聴者は「涙で画面が見えない」「やばいくらいこっちまで涙出てくる」と一緒に悲しむ人、またその後の伊織が起こした驚きの行動には「惚れそう!」「これはかっこよすぎる!!」「まじで最高の仲間だな」と絶賛のコメントが続いた。

一方で航太は、以前に桜の木の下で出会った老人の家に身を寄せていた。そんな中、伊織がとった行動をテレビで知り驚いた航太は、伊織に電話をかけると「芽衣は7年間ずっと桜の木の下でお前のことを待ってる、いつまで待たせるんだ」と言い放たれる…。そんな2人の電話のシーンでは、「航太と伊織の友情最強説」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.