くらし情報『【インタビュー】佐野勇斗×飯豊まりえ 桜の下の別れシーンでクランクアップ! 「家に帰ったら“ロス”がきた」』

2020年4月7日 08:00

【インタビュー】佐野勇斗×飯豊まりえ 桜の下の別れシーンでクランクアップ! 「家に帰ったら“ロス”がきた」

Photo by cinemacafe.net

恋愛ドラマ受難の時代と言われ、フィクションではなく恋愛リアリティーショーの“生っぽさ”が高い支持を集めるいま、AbemaTVがあえて作り上げた恋愛ドラマ「僕だけが17歳の世界で」。

7年前に17歳でこの世を去った高校生・航太が、季節外れに咲いた桜とともに突然現れ、24歳となった幼なじみの芽衣をはじめ、同級生の仲間たちの人生に大きな影響を与えていくというファンタジー・ラブロマンスである。

W主演で幼なじみの航太と芽衣を演じたのは佐野勇斗と飯豊まりえで、ともに1998年生まれの同学年。劇中で2人が見せた“バックハグ”や新婚夫婦のようなイチャイチャ感あふれる料理のシーンなどが大きな話題を呼んでいるが、そんな2人に最終回の配信のタイミングに合わせて話を聞いた。

※以下のインタビューには最終回の結末を含めたネタバレが含まれます。最終回を未視聴の方はご注意ください。

物語の結末は「幸せに終われたんじゃないかな」

長野県内で撮影が行われてきた本作だが、2人は最終回のストーリー、航太と芽衣の運命をどのように受け止めたのだろうか?

飯豊:いやぁ、なんかもう…(佐野さんに)どうでした(笑)?

佐野:いや何だよ、それ! 言いなよ(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.