くらし情報『『クワイエット・プレイス』と同時に生まれた最恐設定は「ホラーへのラブレター」 『ホーンテッド』』

2020年5月22日 19:00

『クワイエット・プレイス』と同時に生まれた最恐設定は「ホラーへのラブレター」 『ホーンテッド』

Photo by cinemacafe.net

ホラー界の鬼才イーライ・ロス×『クワイエット・プレイス』脚本家コンビが放つ新作映画『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』。この度、マスクの殺人鬼の姿を捉えた追加場面写真と、監督たちのコメントが解禁となった。

『クワイエット・プレイス』と同時に産まれた衝撃設定!このお化け屋敷、何かがおかしい!?

この度、到着した場面写真に映し出されるのは、ピエロ、ゴースト、吸血鬼、ゴブリン、ゾンビ、ウィッチといった不気味なマスクを被った殺人鬼たちの姿。一見、普通のお化け屋敷の演者にも見える彼らが、実は殺人鬼であるという巧妙な罠のもと、彼らが次々に襲い来る!

『クワイエット・プレイス』で、“音を出したら即死”という衝撃設定を生み出したスコット・ベックとブライアン・ウッズだが、その脚本と同時執筆で進められた本作もまさに衝撃そのもの。

「ホラーというジャンルへのラブレターである2本の脚本『クワイエット・プレイス』と『ホーンテッド』を書き上げました。『クワイエット・プレイス』がホラーという“ブランド”に捧げる僕たちのポエムで、古くさいジャンルの常識を超えようとする僕らの試みであるならば、『ホーンテッド』はその逆だ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.