くらし情報『『ホーンテッド』監督コンビ、ホラーを映画館で観ることは「別世界に行く共同体験」』

2020年5月29日 19:00

『ホーンテッド』監督コンビ、ホラーを映画館で観ることは「別世界に行く共同体験」

Photo by cinemacafe.net

殺人鬼たちが作った“究極のお化け屋敷”の想像を絶する恐怖を描く『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』が、6月12日(金)より営業再開劇場から順次公開決定。併せて、最恐シチュエーションを生み出した監督コンビのインタビュー映像が到着した。

2人の出会いは12歳のランチタイム!

脚本を手掛けた『クワイエット・プレイス』の大ヒットで一躍脚光を浴びたスコット・ベック監督とブライアン・ウッズ監督。映画製作においてのパートナーであり、本作の共同監督、共同脚本として名を連ねる。2人の出会いは12歳、学校のランチタイムに同じテーブルに着いたことから意気投合、「個人でやるよりも、2人で力を合わせる方が優れた映画を作れると確信した」とスコット監督は語る。

そしてブライアン監督は、「本当にワクワクするのは意見が割れたときだ。より良いものをつくる絶好の機会だから」と言い、「互いを高めながらベストを尽くす」ことが秘訣だと明かす。

なぜ、いまホラー映画が人気?

また、毎年数々のホラー映画が誕生し、高い人気を獲得していることについて、ブライアン監督は「映画館に行き、見ず知らずの人とジェットコースターに乗るような体験をするのが楽しいんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.