くらし情報『ダニエル・ラドクリフ、実在の政治犯演じるポリティカルスリラー映画公開』

2020年6月15日 10:00

ダニエル・ラドクリフ、実在の政治犯演じるポリティカルスリラー映画公開

Photo by cinemacafe.net

前代未聞の脱獄計画に挑んだ男たちの実話を描く、ダニエル・ラドクリフ主演最新作『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』が、9月18日(金)より日本公開されることが決定。ポスタービジュアルも到着した。

南アフリカ人のティム・ジェンキンは、白人でありながら反アパルトヘイト組織「アフリカ民族会議(ANC)」の隠密作戦を行い、同胞のスティーブン・リーと共に最高警備を誇るプレトリア刑務所に投獄されるが、自由と平等を手にするためにすぐに脱獄を決意。

様々な脱獄方法を模索する中、最後に選んだ手段は木片を集めた鍵――。看守の目を盗みながら鍵を作っては解錠を繰り返し、徐々に出口までの鍵が完成していく。そして、投獄から18か月後の1979年、彼らは突破を試みる…。

主演のダニエルが演じるのは、実在する政治脱獄犯ティム・ジェンキン。『ハリー・ポッター』シリーズで知られる彼が、新たな境地を開拓している。

また共演には、同胞のスティーブン・リー役をNetflix『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』のダニエル・ウェバーが演じるほか、イアン・ハート、ネイサン・ペイジらが出演している。

そして、同時に到着したポスタービジュアルは、木鍵を持つ主人公ティムの脱獄への強い意志が感じられるカットを使用。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.