くらし情報『ジェイミー・ベル、毎日3時間のタトゥーメイクで「キャリア最高の役」監督が明かす『SKIN/スキン』』

2020年7月2日 15:05

ジェイミー・ベル、毎日3時間のタトゥーメイクで「キャリア最高の役」監督が明かす『SKIN/スキン』

Photo by cinemacafe.net

アメリカで発足したレイシスト集団の創設者ブライオン・ワイドナーの実話を描いた『SKIN/スキン』。世界中で「Black Lives Matter」運動が高まる中で日本で劇場公開となり、“まさに今見るべき映画”と多くの反響を呼んでいる。この度、ガイ・ナティーヴ監督が製作背景を語るメイキング映像が解禁された。

世界中でレイシズムが蔓延し、その抗議・反対の声も高まるいま、“寛容さを追求した作品”を製作した想いをガイ・ナティーヴ監督が語る本映像。

まずは本作を製作するきっかけとなった、ブライオン本人が壮絶なタトゥー除去手術を行った記録写真が映し出される。イスラエル出身で、ホロコーストを生き延びた祖父母からあらゆる人種差別について聞かされてきた監督は、ブライオンの写真と“スキンヘッドの若者が社会復帰できる確率は、0.1%にすぎない”と書かれた記事を読み、本作を製作する決心をしたという。

元レイシストの心の闇を見事に表現したジェイミー・ベルへの信頼
また、監督はブライオン役に起用した主演のジェイミー・ベルについて、「本作がキャリア最高の役」と絶賛。元レイシストが持つ心の闇を見事に表現してくれたと語っている。


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.