くらし情報『本国で上映中止に…自由を纏い闘う女性たち描く『パピチャ 未来へのランウェイ』』

2020年7月7日 12:00

本国で上映中止に…自由を纏い闘う女性たち描く『パピチャ 未来へのランウェイ』

Photo by cinemacafe.net

昨年のカンヌ国際映画祭・ある視点部門に正式出品されて大きな話題を呼んだ、アルジェリアの言葉で“自由な女性”を示す『PAPICHA』が、邦題『パピチャ 未来へのランウェイ』として10月30日(金)より日本公開されることが決定。予告編もお披露目された。

本作は、物語の舞台であるアルジェリアに17歳まで暮らし、この映画が長編映画監督デビュー作となるムニア・メドゥール自身の経験から生まれた物語。アルジェリアで1991年に始まった内戦、いわゆる“暗黒の10年”を舞台に、イスラム原理主義による女性弾圧の真実を、ファッションデザイナーを夢見る少女の視点で瑞々しく描く。

タイトルの「パピチャ」とは、アルジェリアのスラングで“愉快で魅力的で常識にとらわれない自由な女性”という意味を持ち、ファッションデザインを通じて容赦のない祖国の現実と向き合うことになる主人公を、アルジェリア出身の新進女優のリナ・クードリが「パピチャ」を体現する。

第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門では、全編にほとばしるそのエネルギーで世界を圧倒。媚びず、流されず、自らのために立ち向かう女性たちの力強さは観客に勇気を与え、性差による抑圧に対する解放の賛辞だとして話題を呼んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.