くらし情報『「ウォーキング・デッド」がシーズン11で終了 ダリル&キャロルのスピンオフを制作』

2020年9月10日 14:30

「ウォーキング・デッド」がシーズン11で終了 ダリル&キャロルのスピンオフを制作

Photo by cinemacafe.net

人気ドラマ「ウォーキング・デッド」(以下、「TWD」)が、ついに終わりを迎えることが明らかになった。米放送局AMCの発表によると、2022年放送のシーズン11をもって終了するという。

現在までにシーズン10は第15話まで放送されており、新型コロナウイルスの影響で制作に遅れが出ていた第16話(最終話)は10月4日に放送される。2021年にはシーズン10の追加エピソードが6話放送予定。

シーズン11は全24話で、前半12話&後半12話に分け、2021から2022年にそれぞれ放送されるとのこと。

「TWD」は終了するものの、AMCは新たなスピンオフドラマ2作を制作することも発表。そのうちの1つはダリル(ノーマン・リーダス)&キャロル(メリッサ・マクブライド)のコンビが主役となるドラマ(タイトル未定)で、2023年に放送予定。「TWD」のショウランナーのアンジェラ・カンとCCOのスコット・ギンプルが共同で手掛ける。

もう1つは「Tales of The Walking Dead」(原題)で、既存のキャラや新たに登場するキャラの背景などに焦点を当てた、1話完結もしくは複数話で構成されるドラマになる模様。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.