くらし情報『当時12歳、浪川大輔の吹き替えに注目! 金ロー『E.T.』明日放送』

2020年10月1日 04:00

当時12歳、浪川大輔の吹き替えに注目! 金ロー『E.T.』明日放送

Photo by cinemacafe.net

日本テレビ「金曜ロードSHOW!」では、明日10月2日(金)に“金曜リクエストロードSHOW!”第3弾として、スティーヴン・スピルバーグ監督の名作『E.T.』を放送。吹き替えを担当した声優・浪川大輔からコメントが到着した。

いまから38年前の1982年に公開され、公開当時史上最高の興行収入を記録と、世界中で爆発的に大ヒットした本作は、10歳の孤独な少年・エリオットと、300万光年の彼方からやってきた宇宙人との不思議な友情物語。

過去の「金曜ロードSHOW!」放送時と同じ、浪川さんがエリオット役を吹き替えるバージョンで今回も放送。当時、吹き替え版の制作に難色を示していたスピルバーグ監督だが、浪川さんならと許可を出し制作されたそう。

当時12歳だった浪川さん。32年前の収録ゆえ「30年以上も前になりますので細かな事は…。ただただ、まっすぐE.T.と向き合っていたと思います」とおぼろげに話し、「基本的には控えめな子供でした。声は、年齢のわりに高かったかと思います。少しばかりコンプレックスだったような」と当時の子ども時代をふり返る。

また本作の特に好きなシーンやみどころについては「E.T.のキービジュアルでもある月と自転車と少年。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.