くらし情報『豪邸を訪問するアートドキュメンタリー『レンブラントは誰の手に』本編映像入手』

2021年1月28日 16:00

豪邸を訪問するアートドキュメンタリー『レンブラントは誰の手に』本編映像入手

Photo by cinemacafe.net

アートに惚れ込んだ人間たちの愛と欲がエキサイティングに交錯するドラマティック・ドキュメンタリー『レンブラントは誰の手に』より、ヨーロッパ貴族の大豪邸を覗く本編映像がシネマカフェに到着した。

本作は、『みんなのアムステルダム国立美術館へ』で美術館の舞台裏に深く切り込んだオランダのドキュメンタリー作家、ウケ・ホーヘンダイクの最新作。バロック絵画を代表するオランダの巨匠画家・レンブラント。本作は、“光と影の魔術師”の異名を持つ彼が残した作品の美と魅力、彼の作品に魅了される人々の情熱とそこに生まれる物語を映し出していく。

今回シネマカフェが入手した映像は、レンブラントの絵画を所有する貴族らが暮らす豪邸内を覗くことができる。アムステルダム国立美術館の現館長で、映画撮影当時は絵画部長だったターコ・ディビッツが、個人の所有するレンブラント作品を見るため、スコットランドのバックルー公爵、パリのエリック・ド・ロスチャイルド男爵の邸宅を訪問した貴重映像。


スコットランドに320平方キロメートル(名古屋市と同等の面積、東京ドーム6800個分)もの私有地を持つバックルー公爵の豪邸の広い廊下の壁一面には、豪華な絵画が並ぶ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.