くらし情報『「青のSP」7話はネグレクト問題を描く…田中奏生の演技に「いい役者さん」の声も』

2021年2月24日 00:20

「青のSP」7話はネグレクト問題を描く…田中奏生の演技に「いい役者さん」の声も

Photo by cinemacafe.net

学校に警察が常駐する“スクールポリス”を藤原竜也が演じる「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」の7話が2月23日放送。ネグレクトに苦しむ深山の姿に「泣いた」という声と、深山役の田中奏生の演技も話題となっている。

学校内に警察官が常駐しトラブル対応や予防活動を行うスクールポリス制度が試験導入されることになった赤嶺中学校を舞台に、敏腕刑事からスクールポリスとなった過激で毒舌、冷静沈着な嶋田隆平の活躍を描く警察官×学園エンターテインメントとなる本作。

赤嶺中学校で教師をしていた元恋人の香里が謎の死を遂げ、その真相を突き止めるためスクールポリスに志願した嶋田隆平を藤原さんが演じるほか、香里とも同僚だった3年1組担任の国語教師、浅村涼子に真木よう子。嶋田の後輩で少年係刑事の三枝弘樹に山田裕貴。1年前に亡くなった嶋田の恋人だった音楽教師の小川香里に明日海りお。

スクールポリス導入を決めた赤嶺中学の校長・木島敏文に高橋克実。赤嶺中学の教師役として泉澤祐希、山口紗弥加、音尾琢真、石井正則、峯村リエらも共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
7話はネグレクトで困窮した少年を巡る事件をメインにストーリーが展開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.