くらし情報『バカリズムに「セリフ運びが最高」などの声、「素敵な選TAXI」を連想した視聴者も…「イチケイのカラス」6話』

2021年5月10日 23:00

バカリズムに「セリフ運びが最高」などの声、「素敵な選TAXI」を連想した視聴者も…「イチケイのカラス」6話

Photo by cinemacafe.net

竹野内豊主演、黒木華、新田真剣佑、山崎育三郎ら共演の「イチケイのカラス」の6話が5月10日放送。犯人役で出演したバカリズムと竹野内さんとの共演に「素敵な選TAXI」を連想する視聴者や、バカリズムさんの演技を讃えるコメントが多数寄せられている。

本作は絶対に冤罪を生むことのないよう、自らの足で現場検証を行い、事件の真相を明らかにしていくという異端な刑事裁判官、入間みちおに竹野内さんが扮し、みちおが裁判官を務める東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)の面々や検察官たちが、みちおに振り回されながらも、最後には真実にたどり着いていく様を描いていく。

竹野内さんのほか、イチケイメンバーの坂間千鶴に黒木華、石倉文太に新田真剣佑、川添博司に中村梅雀、浜谷澪に桜井ユキ、一ノ瀬糸子に水谷果穂、駒沢義男に小日向文世。イチケイと裁判で争う東京地検第3支部中堅検事・井出伊織に山崎育三郎、主任検事・城島怜治に升毅。最高裁判所判事・日高亜紀に草刈民代といったキャストが出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
みちおは裁判官になるきっかけとなった12年前の事件の関係者、志摩総一郎(羽場裕一)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.