くらし情報『カンバーバッチ「興味深い発見があった」製作&役作りを明かす『クーリエ』インタビュー映像』

2021年9月23日 13:00

カンバーバッチ「興味深い発見があった」製作&役作りを明かす『クーリエ』インタビュー映像

Photo by cinemacafe.net


『クーリエ:最高機密の運び屋』より、主演のベネディクト・カンバーバッチにオンラインで実施されたロングインタビュー映像が解禁された。

本作で、米ソ冷戦下を背景に、CIA【アメリカ中央情報局】とMI6【英国秘密情報部】からスパイとしてリクルートされたイギリス人セールスマンのグレヴィル・ウィンを演じたベネディクト・カンバーバッチ。解禁された約10分ほどのインタビューでは、リラックスした様子で製作の裏話や役作り、またこのコロナ禍について熱く語っている。


作品との出会いについてカンバーバッチは「話をくれたのはドミニク・クック監督だ。彼の『ホロウ・クラウン』でリチャード三世を演じてすっかり意気投合して友達になったんだ」と回想。トム・オコナーの脚本にも「とても感銘を受けた」という。

カンバーバッチ「興味深い発見があった」製作&役作りを明かす『クーリエ』インタビュー映像

役作りについては「可能な限り文献も読んだよ。当時の暮らしを知れる文献を中心にね。当時のソ連とイギリスの違いや気温を知ることでグレヴィルの肉体的、精神的な変化を理解したかった。グレヴィルの自伝にも目を通した。自伝にはリサーチ以上に興味深い発見があった」と熱のこもった準備をうかがわせている。それに加えて当時のニュース映像を参考に、グレヴィル・ウィンのウェールズ訛りの喋り方を意識したという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.