くらし情報『魔法界を危険にさらすグリンデルバルドの野望とは?『ファンタビ』最新作ではダンブルドアと直接対決か』

2022年1月16日 13:00

魔法界を危険にさらすグリンデルバルドの野望とは?『ファンタビ』最新作ではダンブルドアと直接対決か

Photo by cinemacafe.net


「ハリー・ポッター」と「ファンタスティック・ビースト」全10作で興行収入が1000億円を突破するなど、国内洋画シリーズでNo.1の興行成績を誇る魔法ワールドシリーズの最新作となる『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』。本作では、マッツ・ミケルセン演じる史上最悪の黒い魔法使いゲラート・グリンデルバルドが魔法界を危険にさらし、魔法動物学者ニュート率いるデコボコチームがそれに立ち向かうことになる。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ではMACUSA(アメリカ合衆国魔法議会)の魔法保安局長官、闇払いのパーシバル・グレイブス(コリン・ファレル)の姿となってニューヨークの街で不穏な動きを見せ、2作目『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ではその目的をついに明かしたグリンデルバルド。魔法使いが人間を支配する世界をつくるべく動き出した、史上最悪の魔法使いに迫った。

冷徹な悪に魔法界が震撼する…史上最悪の黒い魔法使いグリンデルバルドの野望

グリンデルバルドは、「ハリー・ポッター」シリーズで知られる“名前を言ってはいけないあの人”ヴォルデモートの出現まで、魔法界最悪と恐れられた魔法使い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.