くらし情報『『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カンヌ男優賞を韓国初受賞!倍賞千恵子×磯村勇斗『PLAN 75』監督も受賞へ』

2022年5月29日 10:20

『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カンヌ男優賞を韓国初受賞!倍賞千恵子×磯村勇斗『PLAN 75』監督も受賞へ

Photo by cinemacafe.net


第75回カンヌ国際映画祭授賞式が現地時間5月28日夜、日本時間29日未明に行われ、 「コンペティション部門」に正式出品されていた是枝裕和監督初の韓国映画『ベイビー・ブローカー』で主演を務めたソン・ガンホが最優秀男優賞を受賞し、韓国俳優として初の快挙、『DECISION TO LEAVE』(英題)のパク・チャヌク監督も自身初となる監督賞に輝いた。また、日本勢では倍賞千恵子主演、磯村勇斗共演の『PLAN 75』早川千絵監督がカメラドール スペシャル・メンション(特別賞)を受賞した。

『ベイビー・ブローカー』最優秀男優賞&エキュメニカル審査員賞の2冠

是枝監督作品がカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選出されるのは、最高賞のパルムドールを受賞した2018年の『万引き家族』以来4年ぶり、6回目(同映画祭への出品自体は8回目)となった。是枝監督が韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した。

『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カンヌ男優賞を韓国初受賞!倍賞千恵子×磯村勇斗『PLAN 75』監督も受賞へ

現地時間5月26日に行われた公式上映では、今回の映画祭出品作史上最長の12分にわたるスタンディングオベーションがおこり、拍手喝采で観客を魅了していた本作。授賞式では、審査員長のヴァンサン・ランドンをはじめ、アスガー・ファルハディ、ジェフ・ニコルズ、レベッカ・ホール、ディーピカー・パードゥコーン、ノオミ・ラパス、ジャスミン・トリンカ、ラジ・リ、ヨアキム・トリアー監督らが選ぶ「最優秀男優賞」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.