くらし情報『ルーシー・ボイントン、60年代の女性スパイ役で活躍「力を与えてくれる経験でした」』

2022年5月31日 14:30

ルーシー・ボイントン、60年代の女性スパイ役で活躍「力を与えてくれる経験でした」

Photo by cinemacafe.net


1960年代、ジェームズ・ボンドとは対極の主人公として一世を風靡したスパイを描く最新海外ドラマシリーズ「ハリー・パーマー 国際諜報局」が、動画配信サービス「スターチャンネルEX」にて独占配信中。

この度、6月1日(水)から30日間期間限定で第1話が無料配信されることに合わせ、本作で女性諜報員ジーンを好演する『ボヘミアン・ラプソディ』でも知られるルーシー・ボイントンが、男性社会で生きるジーンの役柄についてや60年代のファッションなどを語るインタビューが到着し、さらにキャストがジーンについて語る貴重映像と、“女性のエンパワメントの象徴”として活躍する姿の新場面写真&メイキング写真も一挙解禁された。


解禁された映像では、ルーシー演じるジーンが仲間とともに身分を偽り、対象の家へ潜入するスマートな諜報活動のシーンから始まる。彼女の上司であり諜報機関のトップ、ドルビー役のトム・ホランダーは「60年代の女性だが現代の女性でもある。ルーシーが見事に演じている」と彼女の演技や役柄について説明する。

ルーシー自身は「快活でウィットに富んだ会話にスリル満点のストーリー、あらゆる要素が詰まってる」とストーリーの重厚さも紹介し、「彼女は50年代から60年代に移り変わる時代の中心的存在で、女性の選択肢が増えて意識が高まっていた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.