くらし情報『『苦い蜜』金子昇インタビュー 運命の探偵役? ビートルズとの意外な接点を明かす』

2010年4月21日 22:14

『苦い蜜』金子昇インタビュー 運命の探偵役? ビートルズとの意外な接点を明かす

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)

始まりはビートルズの幻の名盤「ブッチャーカバー」の紛失。事件は一応の収束を見るが、その1年後、探偵を名乗る男が現れ…。彼の口から語られる“もうひとつの物語”。事件の真相は?『苦い蜜 〜消えたレコード〜』は“大人の密室劇”と呼ぶにふさわしい重厚なるミステリー。探偵役をおおせつかったのは、映画に舞台に幅広い活躍を見せる金子昇。元々、ビートルズファンという金子さんが作品の魅力をたっぷりと語ってくれた。

「白衣のビートルズ」がこの映画に最初につけられたタイトル。「それを聞いた瞬間に、脚本を読まずに『出たい!』って思いましたね」。そう語る金子さん、16歳のときからビートルズファンというが、実は、いまこうして俳優をやっていることにも、ビートルズの存在が密接に関わっているとか…。
「ずっとバンドをやってたんですが、あるときビートルズがビートルズになる以前の物語を描いた『バックビート』という映画を観たんです。それを観て『あぁ、役者って面白いかも』と思って俳優を志すようになったんです」。

亀田幸則監督は、本作の全ての登場人物に関して、自身の周囲に実在する人間をモデルにしたそうだが、唯一の例外が金子さんが演じた探偵役。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.