くらし情報『映画『フィリピンパブ嬢の社会学』を基に舞台化「マハルコ組曲」11月公演』

映画『フィリピンパブ嬢の社会学』を基に舞台化「マハルコ組曲」11月公演

Photo by cinemacafe.net


『フィリピンパブ嬢の社会学』を基に舞台化した、「マハルコ組曲」の制作が決定。作・演出は有田あんが担当、ステファニー・アリアンが舞台初主演を務める。

中島弘象による実体験を描いた話題の新書「フィリピンパブ嬢の社会学」は、映画『能登の花ヨメ(2008)』『ママ、ごはんまだ?(2017)』『あしやのきゅうしょく(2022)』を手掛けてきた白羽弥仁監督によって映画化。

2023年11月に愛知県内のミッドランドスクエアシネマ、ミッドランドシネマ名古屋空港、中川コロナシネマワールドの3館で先行公開されるやわずか3週間で5,000人を超えるスマッシュヒットを記録。この勢いは全国に波及し、2024年2月に東京ケイズシネマで封切後、瞬く間に全国30館まで拡大。2024年5月末時点で観客数は9,000人を突破、現在も全国各地で上映劇場が増え続けている。

そんな話題の映画が原案となり、今度は舞台化されることが決定。作品タイトルは「マハルコ組曲」。
マハルコ(Mahal ko)とは、フィリピンの公用語タガログ語で“私の愛する人”を意味する。フィリピンから日本へ渡った1人の女性が、夫や娘、愛する人々と時代ごとに逞しく生きていく様を歌やダンスを交えながら軽快に描いていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.