くらし情報『実は仲間だった…「アンチヒーロー」最終話に「ずっと泣いてた」感動の嵐』

実は仲間だった…「アンチヒーロー」最終話に「ずっと泣いてた」感動の嵐

Photo by cinemacafe.net


長谷川博己がアンチな弁護士の主人公を演じる「アンチヒーロー」の最終話が、6月16日に放送。


実は仲間だった…「アンチヒーロー」最終話に「ずっと泣いてた」感動の嵐

長谷川博己が主演を務める本作は、手段を問わず冤罪事件の真実を追求する弁護士の姿を描いた物語。正義とは何かを視聴者に問いかける作品になっている。弁護士・明墨を長谷川博己、同僚弁護士・赤峰を北村匠海、紫ノ宮を堀田真由、パラリーガル・白木を大島優子、青山憲治を林泰文、東京地検の検察官・緑川を木村佳乃、検事正・伊達原を野村萬斎、死刑囚の志水裕策を緒方直人、志水の娘・紗耶を近藤華、明墨のかつての同僚・桃瀬を吹石一恵が演じている。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

明墨(長谷川博己)を証拠隠滅罪に問う裁判が始まる。担当検事は伊達原(野村萬斎)。法廷で因縁の対決が繰り広げられる。
12年前の事件、志水(緒形直人)の冤罪は証明されるのか――というのが最終話の展開。

実は仲間だった…「アンチヒーロー」最終話に「ずっと泣いてた」感動の嵐

明墨が緋山(岩田剛典)の事件で証拠隠滅を指示した理由に12年前の糸井一家殺人事件があることから、裁判で争点に挙げられる。そこで糸井一家殺人事件についての新証拠を提出すると宣言する明墨だが、伊達原は白木(大島優子)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.