くらし情報『ミルクボーイ、M-1優勝後に仕事149本「1カ月で10年分働いている」』

2020年1月28日 14:12

ミルクボーイ、M-1優勝後に仕事149本「1カ月で10年分働いている」

ミルクボーイ、M-1優勝後に仕事149本「1カ月で10年分働いている」

『M-1グランプリ2019』で優勝したお笑いコンビ・ミルクボーイ(駒場孝と内海祟)が、コーンフレークの販売メーカーであるケロッグの公式サポーターに就任し、28日に都内で行われた「ミルクボーイ ケロッグ公式応援サポーター就任式」に出席。『M-1』優勝後の変化を明かした。

ミルクボーイは、『M-1グランプリ2019』決勝のファーストステージで「お母さんの好きな朝食がコーンフレークなのか、違うのか」をひたすら考えるコーンフレーク漫才で同大会史上最高得点となる681点をマークし、1位通過で最終決戦に進み見事優勝。その漫才の影響で、コーンフレークがSNSで話題沸騰し、実際に売り切れる店も。そしてこのたび、ついに日本ケロッグから正式にオファーを受け、「ケロッグ公式応援サポーター」に就任した。

優勝後の変化について、内海は「変わりました。2019年、4回しかテレビ出たことなくて『M-1』が5回目だったんですけど、『M-1』後1カ月で54本テレビに出させていただきました」と明かし、「1カ月で10年分働いています」と堂々とコメント。ちなみに、『M-1』後の仕事の本数は、1月23日時点で149本だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.