くらし情報『村上虹郎・森崎ウィンら、名作上演に意気込み! 田村芽実は吊り橋効果で「楽しい」』

2020年1月30日 19:55

村上虹郎・森崎ウィンら、名作上演に意気込み! 田村芽実は吊り橋効果で「楽しい」

村上虹郎・森崎ウィンら、名作上演に意気込み! 田村芽実は吊り橋効果で「楽しい」

ブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー Season2』のフォトコールが30日にIHIステージアラウンド東京にて行われ、トニー役の村上虹郎/森崎ウィン、マリア役の宮澤エマ/田村芽実、アニータ役のMay J./宮澤佐江、リフ役の上口耕平/小野賢章、ベルナルド役の渡辺大輔/廣瀬友祐が取材に応じた。

同作は1957年に初演を迎えて以来世界中で再演を重ねているミュージカルの金字塔。1950年代のアメリカを舞台に、人種問題や移民同士の対立など社会問題を盛り込んだ同時代版「ロミオとジュリエット」となっている。360°回転するエンターテインメント施設「IHIステージアラウンド東京」にて、11月から2020年5月まで7カ月にわたるロングラン公演を3シーズンに分け、異なる日本キャストで上演する。

フォトコールでは、「Prologue」(上口、渡辺)、「A Boy Like That」(エマ、May J.)、「One Hand One Heart」(森崎、田村)、「Quintet」(村上、エマ、佐江、小野、廣瀬)の4曲を披露。公演を2日後に控え、通し稽古を行ったという村上は「初日さながらの力の入れ具合で、みんなに『お前大丈夫か』と言われるくらい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.