くらし情報『Agilent、モジュール型蛍光検出器を採用したリアルタイムPCRシステムを発表』

2014年10月2日 09:30

Agilent、モジュール型蛍光検出器を採用したリアルタイムPCRシステムを発表

Agilent、モジュール型蛍光検出器を採用したリアルタイムPCRシステムを発表
Agilent Technologiesの日本法人であるアジレント・テクノロジーは10月1日、リアルタイムPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)装置「AriaMx Real-Time PCRシステム」を発表した。

同製品は、簡単に着脱交換可能なモジュール式蛍光検出器を採用している。最大6チャネルのマルチプレックス解析が可能であり、高蛍光分解能で鮮明なデータを取得できる。また、高速サイクルタイム、およびBrilliant IIIをはじめとする超高速qPCR(定量PCR)用試薬により、ワークフローの高速化を実現している。そして、広範にわたる2モードの自己診断機能を搭載することで、所要時間1分程度の簡易試験モードでも、60項目以上の試験を実施できる。さらに、所要時間30分程度の完全試験モードでは、120項目以上の試験を実施できる。

加えて、グローブ着用状態でも軽快に操作ができるタッチパネル、およびGUIによる直観的な操作が可能なソフトウェアを搭載する。この他、モジュール方式の採用によりシステムのカスタマイズが容易であることから、様々なニーズに合わせた構成での提供が可能。将来、研究ニーズに変更が生じた場合でも、容易にシステムをアップグレードすることができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.